FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の国際的な競争力をどうやって高めていくか

こらからの日本経済において重要な話題となりそうなのが、いかにして経済成長
を続けていくのかという事ではないでしょうか。これは国際ジャーナルなどの雑
誌でも話題になっていますが、単なる税金の再分配だけでは、一国の経済は改善
していきません。やはり、国際的な競争力を高めていく必要は、どんな時代でも
あると言えます。日本は、世界経済フォーラムの調査によると、競争力では世界
第8位となっているそうです。前年からは1つ順位が上がっていますが、まだま
だ上位には差がありますね。「技術革新力」や「生産工程の先進性」などでは日
本が世界一です。しかし、「政府規制の負担」では22位、「教育制度の質」は
31位など、政府が関係する部分では、他の国と比べても遅れが目立つようで
す。このようなデータから推測すると、政府における規制緩和、教育などの見直
しについては、民主党政権でも必要である事がわかります。小泉政権時代の反動
として、規制緩和にストップがかかるようであれば、日本の国際的な競争力は益
々後退していく可能性があると言えるでしょう。日本は人口も減っていきますか
ら、豊かな時代に即した成長戦略をどうやって描くかは、大きなテーマだと思い
ます。






報道ニッポン
現代画報社

魚の寄生虫を・・・

大分県水産研究部要職環境チームというところがあるそうですが、そちらの
主幹研究員の男性が、魚の寄生虫を食べてみるという果敢な試みを続けている
というのが話題になっているそうです。
「ゲテモノ食いか?」という声が聞こえてきそうですが、「海の魚の寄生虫の
ほとんどは無害。正しい知識を持って、必要以上に恐れないで」とこの男性は
話しています。寄生虫への不安解消をアピールしているそうです。

これまで約20種類を試食した男性のイチ押しが、マダイの口の中に寄生する
「タノイエ」というものだそうです。エビやカニと同じ甲殻類のようです。
大きなものは5センチもあるそうですが、からあげにすると「卵がいっぱい
詰まった旬のシャコのような味で、殻ごとパリパリいけて最高」と話している
のです。

この男性の挑戦の原点はは20年も前になるそうです。「ブリをさばいたら、赤黒く
細長い虫がいた」との職場への1本の電話からだといいます。それは線虫の一種で
「その虫なら心配ないです」とその時は答えたそうですが、電話の主は「あなたは
食べたことがあるの?」と反論してきたようです。それ以来、「何でも自分で試そう」
というスタイルを貫いているとか・・・。ちなみにこの線虫もポン酢で食べたのですが、
まずかったようです。

この男性の行っていることは、人からみればどう感じられるかは様々だと思いますが、
職業上、人から何を聞かれても自分が経験しているからこそ基礎知識プラス経験談を
話す、楽しい人になるのかもしれません。


報道通信社
現代画報

評判

雑誌「国際ジャーナル」に「評判」に関する記事が紹介されていたように思います。

特に接客業の仕事をされている人というのは、自分が発言した言葉、自分がした行動で

その店の「評判」が良くなったり悪くなってしまうことも有り得るのではないでしょうか。

私がよく利用するスーパーには「お客様の声をお聞かせください」という用紙があり、何か
あれば、その用紙に書いたものを「投函箱」に入れるのです。そして、実際に投函箱に入れられた
用紙は、スーパー入り口のよく見える箇所の掲示板に貼られているのです。

先日、ちらっと見てみるととても大きな文字で「2階の○○売り場で質問したら、わからないと
冷たくあしらわれた。とても腹が立った。二度とこんな店来ない」と書かれてある紙を見つけま
した。しかも、対応した店員の名前まで書かれてあったのです。
きっと、店員の方は悪気があったわけではないと思います。ひょっとしたら、ちょっとした言い方
や態度で受け取られ方が悪いほうになってしまったかもしれません。
売り場と名前まで書かれていたのですから、その店員の評判が悪くなってしまうかもしれません。

やはり評判のいい店員もいるのです。食品レジを担当されている店員なのですが、よく見かけます。
「心配り」がとてもできている店員なのです。高齢者、赤ちゃん連れ、小さな子供連れのお母さん
には「袋詰めをする台までかごをお持ちしますね」と言って台まで持っていってくれます。
そして、子供の顔を覚えてくれると「昨日は顔を見なかったけど、体は大丈夫でしたか?」と言ってくれたり、「新型インフルエンザ
が流行ってますから、気をつけてくださいね」とどのお客さんにもいうのです。その店員が担当するレジには、いつも行列が出来てい
ます。他のレジも空いているのにその店員のレジだけが混んでいるのです。

接客というのは大変な仕事です。体に気をつけて悪い評判がつかないように頑張っていただきたい
と思っています。



現代画報社
報道ニッポン

認知症患者の適切な介護

国際通信社国際ジャーナルに、「高齢化社会をともに生きる── 認知症患者の適切な介護」
という記事が出ていました。
私の祖母がまさに認知症患者であり
現在父親と父親の兄弟が交代で介護に当たっているという状況で、
認知症患者の介護の大変さをある程度理解しているだけに、
この記事に目が留まりました。
高齢化が年々進んでいる現在の日本では、
介護施設の需要が高まるとともに、認知症対策も重要な問題となっています。
程度の違いはありますが、要介護状態にある高齢者のうち、
二人に一人は認知症の傾向が見られると言われています。
このような日本の現状に向き合い、介護を要する認知症の高齢者を抱える家族を支援することを目標として、
厚生労働省では、全国150ヶ所の介護施設に認知症専門の介護職員の常駐を定め、
介護施設と認知症専門の医師が、連携する方針を固めました。
ひとくちに「認知症」と言っても、症状は実にさまざまで、
現在では、「認知症グループホーム」などの介護施設が増加していますので、
軽度な認知症であれば、適切な介護、指導、ケアなどを受けながら、
普通の生活を続けることが可能になっています。
ですが、介護施設ごとに“介護の質”に差が出てしまうことは避けられませんし、
重度の認知症患者へ、どのように対応しいくのかは難しい問題となっているとのことです。
今後、国や自治体、そして私たちが、どのように対応していくのかが、大きな課題になりそうです。

国際通信社
国際ジャーナル

メメント・モリ

国際ジャーナルの臓器移植法改正の特集を見て、昨年に国会でこの法案が可決されたときのニュースを思い出しました。明暗の分かれた傍聴席には、臓器移植によって助かる命と脳死と判定されても助けたい命を巡る親族たちの姿がありました。改正臓器移植法では、移植するかしないかに関係なく、脳死基準法に基づいて精査され診断した「法的な脳死」を人の死と認め、「脳死は一律に人の死」として捉えることになりました。そして、15歳未満の臓器移植が可能になったことが、小児医療の現場に与えた影響は計り知れないものがあると思います。
小児の場合、脳が発育途上にあるので損傷があっても回復する可能性があるといいます。6歳以下の子どもの脳死基準を整備し、小児緊急医療をもっと充実させてないことには、実運用は難しいでしょう。
けれど、そもそも6歳にもならない子に「死んじゃったら身体を他の可哀相な子にあげる?」なんて聞けるでしょうか。臓器提供するかどうかは最終的には親が決めるのです。最善の治療をしてもらえば納得いくのか、当事者になってみないと本当に分からないことです。そして、臓器移植によって助かるかもしれない我が子に、臓器を提供して欲しいと願うことが果たして強欲なのか非道徳的なのか、これも分かりません。
メメント・モリ。今の私たちは死と隣り合わせのような生活をしながら、あまりにも死から遠くかけ離れた心のあり方で生きているのかもしれないと、臓器移植にまつわる話を聞くたびに想ってしまうのです。




国際通信社
国際ジャーナル
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。

女性起業家

ある本で、システムコンサルティングの会社を30歳で設立した女性の話を読みました。

不規則な労働に不安定な雇用。
パソコンにひたすら向かう孤独。
コンピューターのシステムエンジニア(SE)は
カタカナ職業の軽い印象とは裏腹に、
頑強な男性でなければなかなか務まらない世界だと思います。
女性ベンチャーそのものが珍しい日本で、
しかも選んだのが男女比9対1とも言われるシステム業界での起業。
生半可な上昇志向では決断できないと思いますが、
本人は「もともと数学やパソコンが好きだったから」とさらりと言ってのけます。
起業前は、金融機関のSEやソフト会社の営業に従事し、
男性社員に負けないよう必死に働き、
体を壊したことすらあるそうです。
それでも「この世界はもっと女性が活躍できる」と考え、
数人の仲間を誘って起業するにいたった会社は、
5年半で年商8億円になったそうです。
それまでの人生を知恵と工夫で変え、常識の殻を破り活躍する女性起業家。
私も自分の分野で努力し、少しずつでも変化と成長を遂げていきたいと感じました。

国際ジャーナル
国際通信社
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。

プレママ教室

先日のある新聞に、「プレママ教室」の様子の写真が大きく載っていました。

「プレママ教室」に参加される方は、多いかと思います。
出産を控えた女性が、呼吸法の練習をしたり、お風呂の入れ方を練習したり、おむつの替え方を
練習したり、いざ赤ちゃんが生まれたときに困らないようにあらかじめ学んでおくのです。

しかし、今回紹介されていた新聞写真は呼吸法を練習しているプレママ達が全員、マスク姿なの
です。これも新型インフルエンザの影響なのです。
妊婦というのは、世間でも「重病化が高い」と言われています。そのために、マスク着用で参加されているのです。
予防はしっかりし、感染しないように心掛けて無事に元気な赤ちゃんを産んで頂きたいと
思いました。

私も妊娠中、地域で行われた「プレママ教室」に参加したことがあります。主人と参加しました。
お風呂の入れ方で今でも思い出すのが、赤ちゃんの大きさ程の人形を使ってベビーバスに入れて
練習したのです。
人形ですので、関節は曲がりませんでした。そのような人形を主人が練習したのです。

「今回は人形ですが、実際に赤ちゃんをお風呂から出す時には赤ちゃんを揺さぶったりしないで
下さい」とあらかじめ保健士さんに言われていたのにも関わらず、主人は「人形だからどうしても」
と思ったのが、お湯から出すときに人形を揺すって水気をとったのです。保健士さんに笑われたの
ですが、実はどこのご主人さんも同じようなことをしていました。

我が家に無事初めての赤ちゃんが生まれて、世話をするとなると「どうしたらいいんだろう」と
考えることばかりでした。ですが、「プレママ教室」に参加したことで役に立った部分が非常に
多かったように思います。

保健士さんも優しく、丁寧にアドバイスしてくださるかと思います。初めての出産を控えた女性は
自分の納得いくまで相談されてもいいかもしれません。育児に役立つことがあるかと思います。
頑張って産む赤ちゃんなのですから・・・。



国際ジャーナル
国際通信社

田代まさし容疑者逮捕

9月16日、神奈川県警横浜水上署は、タレントの・・・元タレントの、かは
分からないのですが、田代まさしさんを麻薬および向精神薬取締法違反の疑いで
現行犯逮捕したそうです。
このことは新聞やテレビのニュース番組でも報道されていました。

田代容疑者は「コカインは3か月半前に知り合ったDJから買った。夜景を見ながら
仕事のことを相談しようと思っていた」ということです。また、そのDJも逮捕された
ようですが、「私がコカインを渡した」と供述しているそうです。
田代容疑者は2002年に同じ法違反で執行猶予付きの有罪判決を、そして2005年
にも同法違反などで実刑判決を受けたのです。

テレビに映った田代容疑者は、一時期よくテレビに出演していた頃の田代容疑者とは
全くの別人のように思いました。痩せ細っていて、タレントだったとは思えないほど
でした。そちらのほうに驚きました。
逮捕については、私自身「またか・・・」と思ったのです。

つい最近、テレビで「薬物中毒」の特集番組が放送されていたのを思い出しました。
ごく一般人でも簡単に手に入るようになった薬物・・・。以前には、雑誌「現代画報
にも載っていたように思います。
本当に恐ろしい世の中になってしまっています。特集番組でも自分自身を傷つけた、と
後悔している若者の姿が映っていました。自分で自分を殺してしまうようなものなので
す。絶対に手を出してはいけないものなのですが・・・。


報道通信社
現代画報

新型インフルエンザワクチンの金額

新聞記事に、もう新型インフルエンザのワクチンに関する記事が載っていました。
以前には、雑誌「現代画報」でも新型インフルエンザに関する記事が載っていたよう
に思います。

厚生労働省が9月14日、10月から始まる新型インフルエンザを含む3種混合
ワクチン接種の費用について、1回目が3600円、2回目を2550円を目安と
する方針を明らかにしたそうです。
実際の費用については、これを参考にして市町村が個別に決めるということです。

昨年は、新型インフルエンザワクチンの接種事業の実施主体も市町村に移行されたため、
自治体側から「目安を示してほしい」との声が上がっていたようです。

金額の目安は昨年の新型ワクチンと同額ですが、門新語に医師の判断で接種できなかった
場合、昨年は無料だったという費用が今年は1790円かかるとしています。

昨年、大流行して日々不安を感じていましたが、我が家ではワクチンの接種はしません
でした。・・・というより、地域の病院に問い合わせても「ワクチンが足りない」「ワク
チンがない」との返答しか返ってこなかったのです。
私の知人たちにも同じような状況が続き、多くの人が接種をあきらめた・・・というのが
本当のところです。特に、まだ幼い子供だけでも接種させたかったのですが、それすら
できなかったのが昨年でした。今年は今から金額の設定などをしているのですから、
準備万端でインフルエンザの季節を迎えることになるのでしょうか。


報道ニッポン
現代画報社

婚活の変化

現在の日本で定着しつつある言葉、「婚活」。ドラマの影響などもあり、婚活中とはっきり言葉に出すことに気後れすることがなくなってきていますよね。婚活をする女性や男性は、いろいろな方法で活動しているようです。たとえば、結婚相談所と呼ばれる専門の会社に入会することで、年収や条件もしっかりチェックした結婚を見つめる方、またインターネットのカジュアル版結婚相談所などで サーチをしてみるなど、サポートしてくれるところを活用して婚活される方、それから合コンや出会いの場に積極的に出かけていき相手を探す方など。最近では肉食女子と草食男子といった言葉も耳にしますが、草食男子も結婚願望はあるようです!さて、婚活ということに注目してみると、現代画報では、婚活に関する面白いテーマを見つけました。そのテーマは、「単に結婚だけが目的ではない‘婚活‘の果たす役割に変化が」というものです。結婚だけが目的ではない婚活って何?!、と婚活中の方もそうでないかたも、きっと興味をひかれるのではないでしょうか?少子化問題が叫ばれる日本で、若い人たちが婚活しているのを見るのは、日本にとっても頼もしいものですよね。

現代画報
報道ニッポン
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。

デイサービスで見たもの

雑誌「現代画報」で「高齢者」をテーマにした特集が紹介されていたように記憶しています。

最近、毎日見かけるのが「デイサービス」の車です。ワゴンタイプの車だったり、軽自動車だったり
なのですが、毎日見かける「デイサービス」の車内は満員状態なのです。そして、私の家の近所でも
デイサービスを利用されている方がいるようです。顔を見たことがある程度なのですが、毎日利用
されている様子を見かけます。
車を運転している女性は、運転中はとても厳しい顔をしているのです。ところが車を降りて、利用
される方の前に行くと素敵な笑顔で接しているのです。「今日もいい天気ですね」「朝ご飯は
ちゃんと食べましたか?」とゆっくりした口調で話しかけているのです。利用されている高齢者は
「今日はあまり食べれなかった」と残念そうに答えているのです。
デイサービスで仕事をされている方というのは、本当に大変なようです。

以前私は、機会があってあるデイサービスを手伝ったことがあります。たった1日だけでしたが、
働いている介護士の方の大変さが少しだけですが、理解できたような気がしました。
朝、車が到着して部屋に入るなり、まずは利用される方の体調を細かくチェックしていたのです。
体温を測って、聴診器でチェックし、問題がなければ入浴の時間でした。
入浴が終ってからは、歌を歌ったり、折り紙を使ったりと利用されている方は楽しそうに過ごして
いたのを今でも覚えています。
利用されている方が帰った後も仕事が終わりではありません。翌日、何をして過ごすかのスケジュ
ールを組んだり、遊びに使うカードを作ったり、準備でバタバタされていました。

最後に介護士の方にお世話になったお礼を言った後「毎日大変なのでは」ということを聞きました。
すると「毎日、楽しい。利用してくれている方が元気な顔を見せてくれるだけで嬉しい。体調が悪く
来れない人がいるととても心配してしまう。自分の親のような感じかな」と笑顔で答えていました。
「仕事」なのですが、仕事を越えて利用されている高齢者の方との間に目には見えない何か素晴ら
しいものが生まれているのですね。



国際通信社
国際ジャーナル
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。

日中首脳会談の延期というニュース



9月下旬において、国連総会の場を利用した日中首脳 会談が計画されていまし
た。しかしながら、この会談は、最近の尖閣諸島沖で発生した、海上保安庁巡視
船と中国漁船の衝突事件によって、見送ら れる公算となったそうです。この報
道はどのように考えればいいのでしょうか。国際ジャーナルでも、この問題に対
するこれからの分析を期待した いところですね。日本、中国政府ともに、首脳
レベルで意見交換する環境にはないとなっているそうです。これからの日中関係
の行方が心配です。 国連総会には、日本から菅直人首相、中国からは温家宝首
相がそれぞれ出席することになっています。この事件については、中国側の猛反
発が感じ られます。中国の領土に対する野心があるのではないかと思います。
他にも、台湾の漁船が抗議活動を見せています。この海域における緊張が、こ
れからも高まってくる可能性があると思います。このような状況で、日米安保な
ど、日本とアメリカの安全保障体制についても、改めて見直しが必 要となって
くるのではないかと思います。今回の首脳会談の見送りについては、事態が深刻
化するのを防ぐという意味があるのかもしれません。こ れからの動向に注意し
たいところです。





国際通信社
国際ジャーナル

カラーコンタクトレンズ

インターネットでも簡単に手に入れることができる「カラーコンタクト」。
この「カラーコンタクト」のことで、ある消費者センターに相談の電話があったそうです。
インターネットで外国製のカラーコンタクトを購入した方が、7時間使用した後に痛みがあり
眼科を受診したそうです。すると「両目角膜上皮剥離」と診断され、完治するのでに2週間ほど
かかったそうです。

「カラーコンタクト」は視力補正用のコンタクトレンズとは異なり、雑貨品として扱われて
いるようです。そのために、製造販売などの規制がないそうです。そのために通販でも簡単に
入手できるようになっているのです。「瞳の色を変えて自分の印象を変える」というところから
おしゃれ目的で装用する人が増えているようですが、その分、危険な状態に遭う人も増えている
そうです。

こうしたトラブルを回避するために、厚生労働省では「カラーコンタクト」を医療機器に指定し、
2009年11月4日以降は、無許可での製造、販売を禁止するそうです。専門の管理責任者を置いた
販売業者でないと販売できないようになるために、購入するにあたっては管理責任者の有無を確認
してから購入するように、とのことです。

私は以前、視力補正用のコンタクトレンズを使用していましたが、レンズで眼球に傷がつきました。
病院では「1~3ミリほどの傷」と診断されたと記憶しているのですが、それでも大変な時間をかけて
治療を受けました。その間は、目に違和感を感じ、仕事にも集中できない状態でした。

何気なく物を見ていますが、目というのは本当に大事なのです。「目で見る」という行為はとても
大事な行為だと思います。



国際通信社
国際ジャーナル

玉置浩二さんの行動

ロックバンドの玉置浩二さんが9月12日に行われた福岡市の全国ツアー公演で、
コンサートを見に来ていたファンの人たちとトラブルになったというニュースが
テレビや新聞を賑わせました。

関係者の話では、玉置さんはコンサートの最初からろれつが回らないような状態で、
客席と口論になる場面もあったといいます。
主催した会社は、ステージ上で謝罪して公演を中止したのです。
チケットの代金の全額払い戻しを決めたそうなのです。
ちなみに、チケット代は7800円だそうで、結構高い金額のものだと私は
感じました。

客席数は約2300席で、チケットは完売だったそうです。
翌日の13日午後7時から行われる熊本市のコンサートは予定通り行われるそう
です。
13日にコンサートに行った人たちはどのような思いで舞台を見ていたでしょうか。
朝からテレビでは、時間をとって報道されていました。
ファンの人に暴言を吐いた・・・とテレビでは言われていましたが、どうして
そのような行動をとったのでしょう。
ファンの人というのは大切な存在なのではないのでしょうか。
私は芸能人ではないので、ファンの人の大切さなどはあまり理解できていないかも
しれませんが、ある歌番組ではミュージャンの人や歌には関わっていない芸能人の
人でも「ファンは大切だ」ということを話していたのを覚えています。
人間として今回の行動はどうだったのか、考えていただきたいものです。


現代画報
報道ニッポン

電子マネー

日本三景の松島を代表する観光名所の瑞巌寺において、
拝観料が東日本旅客鉄道の電子マネー「スイカ」で支払えるそうです

それまでは拝観券を自販機で買う必要がありましたが、

電子マネーなら受付の端末にかざすだけでスムーズに入ることができます。


寺社で初めて電子マネーを導入したのは2007年の安倍文殊院(奈良県桜井市)で、


お賽銭以外はすべて電子マネーで支払うことが可能だそうです。

同寺院ないの全決済額に占める電子マネーの比率は5%程度で、

コンビニの全国平均利用率(約6%)に迫る勢いです。


これらの寺社を含め、電子マネーが使える場所は今年7月末時点で

のべ38万箇所程度に上り、ますます増加傾向ではありますが、

電子マネー総決済額の7割をコンビニとスーパーが占めているとのことで、

利用シーンの多様化はこれからです。


今は年間市場規模1兆円を越える電子マネー。

今後さらに急速な広がりを見せることでしょう。

国際通信社
国際ジャーナル

ポイント

今やスーパーマーケットやコンビニ、デパート、家電量販店など
あらゆる店に設けられている「ポイント制度」。

買い物額に応じて獲得できるもので、

省エネ家電の購入で付与されるエコポイントもあわせると、

発行総額は1兆円を超えるとのことです。

ポイントの使い道で最も多いのが、

1ポイント=1円などで買い物に使うことだそうです。


効率的にためるとかなりお得なこのポイント制度ですが、

ひとつ気をつけなければならないのが有効期限の存在です。

特典に交換できる最低単位を満たす前に有効期限が消えてしまったり、

満たしても特典に交換するのをうっかり忘れてしまって期限切れになってしまったり。


何種類ものポイントの期限をこまめに管理するのは大変面倒なものなのですが、

せっかくのお得な特典をみすみす逃してしまうのはもったいないです。

そこで、あるポイントの達人?が提案していた方法は、

月末、少なくとも年末には財布の整理をし、

各ポイントカードやレシートのチェックをすること、だそうです。

有効期限は月末や年末に設定されていることが多いので、

この方法を続ければ、大体期限を見落とすことはなくなるとのことです。


せっかくの機会なので、忘れないうちに私も財布の中身を整理してみようかと思います。


報道ニッポン
現代画報社
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。

大沢あかね、出産

最近芸能界では、ママさんになってもキレイで魅力あふれるタレントさんが増えていらっしゃいますよね。昔は出産をしたら、そのあとの芸能人としての人生は終わりのような感じだったようですが、今では「お母さんになっても素敵な女優さん」などとしてまだまだ活躍できるようになりましたね。そんな現代の芸能界で、またまた新しいママさんタレントが誕生しました!というのも、タレントの大沢あかねさんが、9月8日に、劇団ひとりさんとの間に第1子となる女の赤ちゃんを出産されたからです!ちなみに、マスコミ宛てに送られたFAXには、「我らが劇団が待ち望んでおりました、子役が無事にデビューいたしました。記念すべき初舞台は9月8日15時13分でした」と報告されたとのこと!報告もなんだか可愛らしいですよね~!劇団ひとりさんも、可愛らしいお顔をしていらっしゃいますから、2人の娘さんとあればきっと間違いなく可愛らしい女の子なんではないかなあなんて想像しちゃいますね。これから、カメラの前に登場することがあるのかないのかわかりませんが、劇団ひとりさん、なんか子煩悩なお父さんになりそうな感じがしませんか?きっと娘さんにメロメロのお父さんになるのではないかなあと思います!

国際ジャーナル
国際通信社

逃亡のサルに懸賞金?

ここ最近、野生のサルが話題になっています。町中に出没して、住民を次々と
襲っているという問題です。
静岡県三島市では9月8日に、サルを家の中に閉じ込めた上で通報してくれた
住民に協力金20万円を支払う方針を正式決定するそうです。

鳥獣保護法というものがあるようで、許可を受けずにサルを捕獲することが禁止
されているために、住民が閉じこめたサルは猟友会員や市職員が捕獲するそうです。

8月22日に最初の被害者が出てから、三島市と近隣の市や町での被害者の数は
なんと合計81人にのぼるそうです。後ろから近寄られて、手足をかみつかれると
いうケースが多いそうです。後ろから近寄られると、私たちもギリギリまで気づかない
ような状況になってしまうと思うのです。
そして被害者がもっとも多い市ではバナナを入れたわなを設置するなどの捕獲に努めて
きたそうですが、あちこちに出没するサルを捕獲できていないそうです。
複数の目撃情報が寄せられているそうですが、市職員や警察官など約150人が
集まっても捕まえることができなかったということです。

人間の犯罪も恐ろしいものですが、ただ今回のような自然の動物からの被害というのも
恐ろしいものですね。市職員の話では「けがをする恐れがあるので、無理に捕まえよう
とはしないで」とのことです。気をつけようにも自然の動物は何をするか分かりません。
ですが、自然で生きるべき動物が町に降りてくるということは、人間の手によって自然
が破壊されているからだと思います。


現代画報
報道通信社

生き残る道

報道ニッポンで新聞メディアの存在意義について特集していますが、雑誌も苦戦を強いられてますよね。不況の煽りがモロに広告を直撃してますから、広告収入で支えられている雑誌は本当にキツイと思います。
だいたい、若い子が雑誌を読まなくなってきているように見えます。80年代90年代のように、ファッション雑誌がモードを引っ張る時代、男の子がメンノンをバイブルにDCファッションでがっちり身を固めてた時代、ストリート系のTシャツが数万もした時代はもう終わってしまったんだな。今雑誌を一生懸命買ってるのは、40代後半から60代くらいのまだ小金を持ってるお父さんたち、コレクションができるだけの財力を持つ年配の人たちでしょうね。ビンテージオートバイや高級外車のカブリオレに乗ってるのは、年配の人だけですから。夏休みに帰省した時、高速道路を走っててホント実感しました。言葉を選ばずに言わせてもらえば、みーんな見事にオッサンとオバチャン!です(笑)
雑誌が生き残る道を考えるに・・やはり、何かに特化しないとダメなんだと思うのです。みんな、速い情報はネットで拾ってきてしまう。ゆっくり情報を噛みしめられる、何度でも読み返せる、写真が美しくて飾っておきたくなる・・そんな、特別な雑誌なら、自分のものにしたいと思うんじゃないでしょうか。時代の流れを映し出すのが雑誌の役目かもしれないけれど、普遍的な価値を映し出せるのも雑誌ですよ。20年くらい前に買って大事にしている雑誌、ありますもん。逆に記事だけスクラップしてるのもあるし。まだまだ生き残って欲しいです。紙媒体でなければ出来ないことって本当はたくさんあるような気がします。






報道通信社
現代画報

懐かしいバンドやユニットの再結成

ここ数年、ベテランのバンドや歌手ユニットの「再結成」が相次いでいる、と
少し話題になっています。
私が先日テレビで目にしたのは「ピンクレディー」の再結成の話題でした。
「解散撤回宣言」というようなコメントも言っていたように思います。
そして、昨年28年ぶりに活動再開したアリス、そのアリスを筆頭にザ・ワンダース
からバービーボーイズ、リンドバーグなどの1980~90年代初頭組まで、かつて
の人気バンドが続々と復活しています。

こうしたベテラン組復活の背景には、シニア層向けのコンサート市場の活況があると
いうことなのです。
「10年ほど前から40~50代の年齢層を対象としたコンサートチケットの売り上げ
が飛躍的に伸びている。その先鞭をつけたのは、元祖ジャニーズタレントであった
フォーリーブス。再結成した年意向の全国ツアーはいつも盛況。シニア向けビジネスの
成功例として業界で注目を集めました」と関係者は話しています。

ほとんどのバンドのメンバー間の仲間割れを原因として解散しているということですが、
解散後年数が経った時に関係が修復しているのか・・・という話題も出ているようです。
が、ファンの人たちは「嬉しい」という気持ちがとても大きいでしょう。
その多くのファンを楽しませて喜ばせてくれるのが芸能人だと思います。
夢と希望、そして楽しみを与えて、暗いこの国を少しでも明るくしていただきたいものですね。


現代画報社
報道ニッポン
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。

コミュニケーション方法はメール

以前、雑誌「現代画報」で「携帯電話」に関する記事が紹介されていたように思うのですが、
今や日本に住んでいるほとんどの人が携帯を持つ時代になっているのではないでしょうか。
私の中では複雑な機能がついているものは苦手なので、電話とメールができればいいと思って
います。電話とメールができるだけでも、非常に便利なものだと思っています。

先日の新聞に、夫婦間のコミュニケーションとしてメールを利用する人が7割を超え、若い夫婦
では電話の通話よりメールのほうが多い事が、博報堂生活総合研究所の調査でわかったのだそう
です。

この調査は全国の20~69歳の既婚の男女計約2000人を対象にインターネットで行われたそうです。
情報通信サービスによる夫婦間のコミュニケーション手段を尋ねたところ、「電話の通話」が81
パーセントでトップ、次いで「メール」が73パーセント、年代別では20代の夫、20、30代の妻で
「メール」が9割を占め、「通話」を上回ったとのことです。60代でも「メール」は夫が50パーセ
ント、妻か42パーセントに上ったそうです。

また、メールに「絵文字」を使う人が多いと思うのですが、50、60代の夫の約4割が妻へのメール
で「絵文字」を使用していたという結果も出ているようです。
「絵文字」があることで、単に文章を送信するよりは感情がこもっているのかもしれません。

私もよく主人にメールを送ります。子供の参観日に行った際に、自分の子供が作成した作品を携帯
で写真を撮り、それを主人の携帯に送ったりもします。また、子供自身が「パパに写真送って」
という機会が増えてきましたので、よく利用しています。
メールでのコミュニケーションも大事かもしれませんが、やはり会話が一番大切かもしれません。




国際ジャーナル
現代画報
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。

メタボリックの基準

先日の新聞記事で「メタボリックシンドローム」の適正な診断基準を検証して
いた厚生労働省研究班が、診断の必須項目の腹囲の数値によって、心筋梗塞や脳梗塞
の発症の危険性を明確に判断できないとする大規模調査の結果をまとめたと、取り上げられて
いました。

現在の腹囲基準は男性85センチ以上、女性90センチ以上となっているようです。が、この基準
の科学的根拠を覆すもので、診断基準の見直しに影響しそうだということなのです。

そして、現在の診断基準は、腹囲に加えて血糖、脂質、血圧の3項目のうち2つ以上で異常があっ
た場合、「メタボリック」と診断されて、保健指導の対象となるそうです。しかし、他の先進国
に比べて男性の腹囲基準は厳しすぎる、女性の基準は逆に甘いと批判されていました。


研究班は、全国12か所の40~74歳の男女約3万1000人について、心筋梗塞、脳梗塞の発症と腹囲の
関連を調べたそうです。その結果、腹囲が大きくなるほど発症の危険性は増加しましたが、特定
の腹囲を超えると危険性が球に高まるという線引きは困難であることがわかったのだそうです。

ただ、今回の研究でも肥満の人ほど発症しやすい傾向に変わりないとのことです。現行の基準で
「メタボリック」と診断された人は、そうでない人に比べて発症の危険性は男性で1.44倍、女性
で1.53倍高かったそうです。
基準がどうであれ、「肥満」と診断された人は体に負担が大きいように私は思うのです。

人間健康が一番だと思います。健康診断で万が一、「メタボリック」と診断されたのであれば、
医師からのアドバイスを受ける必要があるかもしれませんね。




国際ジャーナル
国際通信社

ペットの健康診断

「人間ドック」という言葉、どの方もご存知だと思います。
そして、毎年受けている・・・という方も多いのではないでしょうか。

自覚症状がないままで生活をし、人間ドックを受けたところ病気が発覚・・・というパターンも
あるでしょう。それが早期発見であれば治療をすることによって回復すると思います。

やはり、自分の体のことはきっちり知っておかなければいけませんね。

ある情報番組でほんの数分でしたが、「ペットの健康診断」というものが紹介されていました。
「人間ドック」ならぬ「動物ドック」といったところでしょうか。
テレビで放送されていたのは、診察台に乗った犬が血液検査、診察を行っていました。

その後、レントゲンを撮り、レントゲン終了後はなんとCTスキャンでの検査を受けていたのです。
CTスキャンでは、犬が暴れないように麻酔をかけて眠らせての検査でした。
動物病院によって値段は異なるようですが、テレビで放送されていた動物病院では
レントゲンが8000円、CTスキャンはなんと65000円という値段でした。
「動物ドック」の結果、検査を受けていた犬は「異常なし」との結果が出ていました。


値段は相当なものですが、いまや「家族の一員」としてペットは考えられているようです。
そして、今では「ペット介護士」というような資格があるほど、ペットの老後もしっかりと
考えられているようです。
日々、生活を共にしている家族の一員「ペット」の健康面も気になるのではないでしょうか。

もし、機会があれば一度「家族の一員」にも健康診断の場を作ってあげるのもいいかもしれませんね。
ペットが長生きするのは、飼い主にとって幸せなことではありませんか?



現代画報
報道ニッポン

教師への希望、要望

雑誌「報道ニッポン」で「教育」をテーマにした特集が紹介されていたと記憶しています。

学校に通う子供をもつ親が、教師に望んでいること・・・色々あるかと思います。
親が望んでいることがなかなか叶わない時には教師に意見を言ったり、「もっとこうしてほしい」
と要望を伝えたりする親もいらっしゃるかと思います。

私の子供は、まだ幼稚園の年少です。年少は1クラスしかありません。1クラス23人なのですが
「23人に対して1人の先生」というのが、私の中では「全員に目がいかない」と不安な気持ちに
なったのです。私の子供は行動が遅いですし、どちらかというと目立たないタイプです。

何か困ったことがあったときに先生を呼ぶことができるか・・・というと、できない子なのです。
入園してからわかったのですが、私の子供と同じような子供さんが数人います。
目立たない子供たちが困っている様子を先生は、きちんと見てくれるのか・・・と不安でした。

先日、幼稚園に入園して初めての懇談がありました。「どんなことを言われるんだろう」と親と
して緊張しながら先生の前に座りました。
まず、私の子供のいい部分を言ってくれました。「行動は遅いけど、最後まで自分でがんばって
やっています」というようなことを聞いて、私は安心しました。
が、いいことだけではなくやはり注意すべき点も言ってくれたのです。「あなたのお子さんは、
気が散りやすい」と私は言われたのですが、先生が言っていることがずばり当たっているのです。
私はいい部分だけではなく、悪い部分も伝えてもらえて「この先生は、きちんと私の子供の様子
を見てくれている」と心から安心しました。そして、信用できる・・・と思ったのです。


他のお母さん方の話を聞くと、やはりどのお母さんもいい部分、悪い部分を言われたそうです。
でも、どのお母さん方も「本当によく見てくれているの安心した。いい部分だけを言われると
うわべでしかみていないと思ってしまうから」という話でした。
中には「うちの子のことを、悪いように見ている」という考えを持ってしまったお母さんもいました。
が、私は初めての懇談で決して不愉快な思いはしなかったのです。
むしろ、感謝の気持ちでいっぱいになりました。

先生と必ず会話をすることを忘れずに、毎日、子供を送り迎えしています。



現代画報
報道通信社

ベランダガーデニング

現代画報社の現代画報に、「ベランダガーデニングをはじめよう!!」
という記事が出ていました。
ちょうど最近、初めてそれなりにゆとりのあるベランダつきのマンションに引っ越し、

そろそろ部屋の片付けも済んできたところなので、
ベランダも洗濯物を干す以外に何か活用できることがないかなぁと考えていたところでした。
植物は心を癒して笑顔をくれる不思議な力を秘めていると思います。
どんなに小さな観葉植物やお花でも、目に入るだけで心が落ち着くものです。
以前生活していた小さなアパートでも、
一輪の切花をテーブルに飾るだけで、
小さなサボテンを棚にそっと置くだけで、
なんとなく日々の生活をゆとりあるものに変化させてくれていた気がします。
しかし以前のアパートの部屋の中では、どうしても日当たりや風通しの悪さのためか、

植物を長生きさせてあげることができませんでした。
元気なくかれてしまった植物を見るのは切ないことでした。
庭付きの家ならばベストなのでしょうが、
ベランダがあればマンションであってもその辺の問題はクリアできそうです。
さっそく今日にでもガーデニンググッズを探しに足を伸ばしてみようかと思います。

現代画報
報道通信社

青春の青い空

国際ジャーナルにトルコ共和国との親密な関係についての記事が載っていて、すぐに学生のときの旅行を思い出しました。トランジットのために一日しか滞在しなかったけれど、イスタンブールはとても印象に残る街でした。ごちゃごちゃしているかと思えば、ちょっと高台に登れば黒海を見渡せる開けたところもあり。街中はとにかくエネルギッシュで、バザールに一歩足を踏み入れるといっぺんに異国の香りと熱気に魅了されました。でも面白かったのは、なぜか電卓や文房具のお店が多かったことです。もう10年以上前の話なので今は違うかもしれないけれど、とにかく人気で、日本の有名メーカーの電卓を数多く見かけました。それから、みんな親切だったなあと思います。まだ二十歳そこらのアジア娘の一人旅、隙だらけだった筈なのに、嫌な目には遭いませんでした。惚れっぽいおじちゃんには参ったけど、その人も高台のカフェへ連れて行ってくれて、とても気持ちの良い午後を過ごさせてくれたし。モスクにも入れたし。安いからという理由で選んだトルコ航空もそんなに遅れることなく、機内食は結構食べれる方だったんじゃないかな。でも、今トルコに行けたら美味しい野・・變鼠・鬟・奪張蠖・戮燭い任后F逎茵璽蹈奪僂剖瓩い世韻△辰董¬邵擇筌侫襦璽弔枠・・靴い任垢茲諭繊・▲鵐・蕕筌─璽桶い北未靴臣亙・鯲垢靴討澆燭い覆◆・△瞭佑㍑瓦韻震世襪だ超・・・靴い任后・・・・・
現代画報
報道通信社
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
フリーエリア
プロフィール

くりの木もみの木

Author:くりの木もみの木
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。