FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

報道通信社 全日本男子バレーボールのコーチ

新聞に載っていた記事なのですが、日本バレーボール協会が4月8日に全日本男子
のコーチに元代表選手の中垣内祐一さんが就任すると発表したそうです。
中垣内さんは全日本のエースとして、1992年にバルセロナオリンピックに出場
した6位入賞という素晴らしい成績を残しています。
中垣内さんの現役時代の姿が、今もまだ記憶にあるという人も多いでしょう。
私もそのうちの1人です。ですから現役を引退すると発表した際にはとても驚き
ました。現役を引退したのが2004年だということです。
エースの中垣内さんが、再び全日本男子の舞台に戻ってきましたね。
選手とは違う立場になると思いますが、どうか多くの人の心に残る試合をして
いただきたいと願っています。


現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際通信社
国際ジャーナル

ザ・ヒューマン 月刊  水色のランドセル

東日本大震災の影響で、別の地域に避難する人も多いことでしょう。
福島県双葉町から避難してきた6歳の女の子が、大阪府東大阪市内の小学校に入学
したそうです。原発による避難指示が出され、東大阪市の支援を頼って家族で引っ越して
きたそうです。幼稚園の友達はいなくなりましたが、これからは新しい環境で、
たくさんの友達ができるのではないでしょうか。子供の力というのは、すごいものが
あると信じています。新聞に載っていた写真を見ると6歳の女の子の背中には、自宅
から持ち出してきた水色のランドセルが太陽の光にあたって輝いていました。
明るい未来は必ずあります。


国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
現代画報
報道ニッポン

報道通信社 今年の24時間テレビ

新聞に乗っていましたが「24時間テレビ」が放送されるそうです。
今年の24時間テレビのメインパーソナリティーを、人気グループの関ジャニ∞が
務めることが分かったと、新聞記事に載っていました。
この番組は、大きな勇気、元気をもらえる番組ですね。一歩ずつ目標に向けて前進
していく人々の姿に感動を覚えます。
今年は、東日本大震災という大きな被害が発生しました。
そういったところからこの24時間テレビに対する注目度が高いといわれているようです。
この番組を通じて、多くの被災者に勇気と元気が与えられたらいいですね。
私も微力ながら応援していますし、協力させていただきたいと思っています。


21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道ニッポン
現代画報社

国際ジャーナル・国際通信社・月刊誌 内定の取消し

4月入社予定だった新卒者のうち、東日本大震災の影響で内定を取り消された人が
3月31日までに約20事業所で120人に上っていることが分かったそうです。
これは新聞記事に載っていました。国際通信社から発行されている雑誌にも「景気」
に関する記事が載っていたと思うのですが現在の景気の影響もあって、新卒者の
就職が厳しいといわれています。なかなか内定がもらえず、就職活動に時間を費や
す学生の姿がテレビでも報道されていました。そんな中でやっと手に入れた内定
だというのに、自然の力を理由に悔しい話です。
さらに新聞に目をやると、今後大量の取り消しが表面化しそうだということです。
震災で多くの人が大変な思いをしています。言葉では言い表せないくらいのつらい
思いをされていると思います。そんな中の「内定取り消し」はどのような気持ちで
しょうか。


21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
報道ニッポン
現代画報社

国際ジャーナル・国際通信社・月刊誌 ビジネスパーソンに必要な情報の入手とは

目標を達成するためには、どんな考え方が必要になるのでしょうか。国際ジャーナル
など、優れた雑誌を読んでみるといいかもしれません。特に政治や経済の知
識を必要とするビジネスパーソンにとっては、これは大事なところではないかと
思います。その他にも、日経新聞をよく読んで、日々の経済の流れを充分に抑え
ていくのが大事ではないかと思います。テレビと違って、活字のメディアについ
ては、字を読む手間がありますが、その分、自分自身で考えていくという習慣が
身につくのではないかと思います。そのことがプラスではないかと思います。自
分自身の頭で、情報を整理していくスキルは、ビジネスパーソンにとってもっと
も求められているところではないでしょうか。テレビについては、画像がありま
すから、イメージをつかむには最適のメディアですが、そのイメージに流されて
しまう危険性もあります。ですから、テレビでみたニュースについては、後日、
新聞や雑誌などで深く検証してみるといいと思っています。このような形で、日
々の情報収集をこまめに行っていくことにより、自分なりの経済感覚を持つこと
ができるようになってきていると、最近では考えているところです。参考にして
もらいたいですね。







日本の全会社数の90%以上は中小企業が占めています。つまり、日本経済の根底を支えているのは、地域に密着して活躍する中小企業なのです。絶えず変化する世界情勢、止めどなく広がる情報技術の可能性……そうした現代社会の中に身を置き、事業を成長へと導く経営者たちは、時代の先を読む洞察力と、いかなる苦境にも屈しない信念を内に秘めています。『ザ・ヒューマン』は、独自の取材を通じて、そうした経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道ニッポン
現代画報社

国際ジャーナル・国際通信社・月刊誌 営業を続ける葬儀会社

東日本大震災で起きた津波で社屋が水没して、社長が命を落としたという会社が
あります。社長が命を落としてもなお、営業を続ける小さな葬儀会社が宮城県
石巻市にあるそうです。
1万人を超える犠牲者が出た被災地では火葬場が不足して、土倉にふみきった
自治体もあるのです。ですが、亡き社長の娘さんが「1人でも多く、お骨にして
かえしてあげたい。それが私たちの務め」と誓って営業を続けているそうです。
この葬儀会社は地震の5日後に営業を再開したそうです。
社長であるお父さんの意思を継いで、これからもがんばって頂きたいですね。
そして時間はかかると思いますが、復興のためになんとか前向きに進んで
いただきたいと心から願っています。


国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
ザ・ヒューマンは独自の取材を通じて経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。「智略と信念」──「日本を支える企業」「美食探訪」ドクター「医療の最前線から」スペシャリスト「真の英知で善導」社寺「悟りと真理」など、人気企画で構成。
報道ニッポン
国際ジャーナル

国際ジャーナル・国際通信社・月刊誌 今の時代に求められる人脈の作り方

これからの時代では、大企業に勤めていても、生涯の生活が保証されるというこ
とは考えられない時代になってきているといえるのではないでしょうか。いろん
な分野にネットワークがあり、お互いに情報交換できる関係があるような人脈構
築が望まれています。国際ジャーナルなどでも、個人が持つ人脈の力について
は、これからの特集に期待したいと考えています。人脈を作るためには、どうす
ればいいのでしょうか。それは、自分はどんな人物で、誰と人脈を作りたいのか
をはっきりさせることではないかと思います。個人の人脈は自由です。組織の人
脈ではありませんから、仮に組織がなくなっても大丈夫です。それから、「たく
さんの人と深くつながる」という事も重要だと思います。経理が得意、営業が得
意、パソコンが得意など、それぞれ得意分野がありますから自分ですべてをでき
なくても、ネットワークがあればいろいろなことが可能になります。個人の才能
だけではなく、ネットワークの才能を活用して、お金を作っていく時代になって
いるのかもしれません。組織の中で、ゴマすりをして生き延びるのが精一杯の人
は、その組織がなくなったときに困ってしまうと思いますから、いまから人脈を
作っていくといいのではないかと思います。







国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
日本の全会社数の90%以上は中小企業が占めています。つまり、日本経済の根底を支えているのは、地域に密着して活躍する中小企業なのです。絶えず変化する世界情勢、止めどなく広がる情報技術の可能性……そうした現代社会の中に身を置き、事業を成長へと導く経営者たちは、時代の先を読む洞察力と、いかなる苦境にも屈しない信念を内に秘めています。『ザ・ヒューマン』は、独自の取材を通じて、そうした経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。
国際ジャーナル
国際通信社

ザ・ヒューマンの美食探訪 義援金を寄託した子ども会

大阪府豊能町の子ども会育成会が4月6日に、東日本大震災の義援金として
13万9394円を、ある事業団に寄託したということが新聞記事に載っていました。
この育成会は少子化による会員減のため2011年度は別地区の子ども会と合併した
そうです。最後にイベントを準備していたそうですが、「被災者に」との声が出た
ということです。全員一致で寄託が決まったそうです。
被災地には多くの子供がいることでしょう。幼くして大変な思いをしている子供が
いるのです。復興の手助けに・・・と願っている人は、テレビや新聞を見ている限り
本当に多いのですね。
日本人というのは本当に心暖かい人ばかりだということが、今回の報道で感じました。
時間はかかるかもしれませんが、必ず復興します。


国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
報道ニッポン
現代画報社

ザ・ヒューマンの美食探訪 女優・俳優さんなどの活躍が・・・

東日本大震災が発生してから時間は少しずつ過ぎていこうとしています。
芸能界でも様々な活動が行われているようです。テレビで毎日報道されて
います。そんな中、3月27日に野球評論家の中畑清さん、俳優の西田敏行
さんなどが福島県の避難生活を送る人々に炊き出しを行ったそうです。
ほかにも女優の秋吉久美子さんなども参加されたそうです。
多くの人に元気を与えられたでしょうか。
中畑さんは、支援物資が十分に届かない地域がある現状について「国は何を
しているんだ」と意見を述べている場面もあったそうです。
以前、雑誌「現代画報」では「震災」に関する記事が載っていました。
阪神大震災を経験した人たちは、自分たちの経験をもとにできることなどを
被災地のみなさんにされているそうです。
国の対応こそなければできないこともあるのが現状ですね。どうか被災地の
みなさんの命を救えますように・・・。


ザ・ヒューマンは独自の取材を通じて経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。「智略と信念」──「日本を支える企業」「美食探訪」ドクター「医療の最前線から」スペシャリスト「真の英知で善導」社寺「悟りと真理」など、人気企画で構成。
日本の全会社数の90%以上は中小企業が占めています。つまり、日本経済の根底を支えているのは、地域に密着して活躍する中小企業なのです。絶えず変化する世界情勢、止めどなく広がる情報技術の可能性……そうした現代社会の中に身を置き、事業を成長へと導く経営者たちは、時代の先を読む洞察力と、いかなる苦境にも屈しない信念を内に秘めています。『ザ・ヒューマン』は、独自の取材を通じて、そうした経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。
報道ニッポン
現代画報社

ザヒューマン・国際ジャーナル・報道通信社 計画停電、東京23区を郊外でサポートか!

東京電力が、計画停電の対象の25グループを、さらに細分したものを発表したもの
を確認したところ、

細分化はされていても、対象地区に変更はないように思いました。



東京23区で荒川区と足立区以外は、はやり計画停電の対象外。



東京23区の人口は平成21年1月1日現在で、4,077,555人います。

荒川区と足立区の人口を引くと、3,240,591人です。

この多くの東京都民が停電をしないように、郊外や近県の人々が犠牲になり、電力を
東京に供給しているのですか…



長引きそうな計画停電ですから、もっとじっくりと計画を立てて実施して欲しいと思
います。


国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナル
国際通信社

ザヒューマン・国際ジャーナル・報道通信社 パンクしない自転車

新聞記事に載っていた記事で、またテレビでも取り上げられていたのですが、
自転車製造が伝統産業の大阪府堺市が、市内で実施しているレンタル事業用の
自転車の一部を、タイヤに樹脂をパンクしないよう施して東日本大震災の被災地
に送るということです。がれきに強い特別仕様の自転車が、被災者の足となって
活躍するのではないでしょうか。
車がなかなか通れないということをテレビで報道されています。
テレビ画面から、がれきのあまりものひどさに言葉を失っています。
パンクしないような自転車であれば、細い道も通ることができるかもしれません。
役に立つことを祈ります。


国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報
報道通信社

報道通信社・報道ニッポン アメリカの中東における考え方とは?

リビアのカダフィ政権による徹底抗戦の決意は、ますます流血を増やす結果にな
りそうです。反体制側も戦う構えは崩さず、カダフィ大佐による治安部 隊を
使ったデモ隊への無差別の発砲で多数の死傷者が出ています。これからのリビア
情勢が本当に気になるところです。アメリカとしてもイラクやアフ ガニスタン
に派兵している点から、これ以上の展開は難しいかもしれません。そうなると、
これからの軍事作戦も予断を許さないものになりそうです。



国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道通信社
現代画報

報道通信社・報道ニッポン 中国など隣国との戦略的外交とは

最近の日本外交における大きな課題は何でしょうか。いろいろとありますが、日
米関係を安定軌道に乗せる事が重要でしょう。また、尖閣沖の中国漁船 衝突事
件で悪化した日中関係を修復する必要もあります。さらにはロシア側の攻勢が際
立つ北方領土交渉の戦略も重要になっています。日本が国際社会 で存在感を示
しながら、平和外交を推進すべき時ではないかと思います。いまこそ戦略的な外
交を実現するための方策が必要ではないかと思います。



国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際通信社
国際ジャーナル

国際ジャーナル・国際通信社・月刊誌 ガソリン税など今の税金の見直しは?

ガソリンの値段がどんどん上昇していますが、農業や漁業で使うA重油にかかる
石油石炭税、航空便の航空機燃料税などへの減税政策は行われるので しょう
か。また、中小企業向け法人税などの軽減措置の効果も期待してみたいところで
す。震災をうけた東北地方のほかにも、依然厳しい地方経済を考 えれば、与野
党とも早急に実効性のある政策を次々に打ち出してほしいと思います。財源につ
いても、一時的な増税も含めた、タブーのない議論をして ほしいと思います。



国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
現代画報社
報道ニッポン

国際ジャーナル・国際通信社・現代画報社 震災支援に向けての与野党連携を注目する

地震による漁業被害と東北地方支援の緊急対策費を盛り込んだ補正予算を成立さ
せるため、与野党の連携も進んでいます。今の政治にとって、如何にし て震災
から復興を行うかが大きなテーマです。これは地方自治体でも同様です。東京や
神奈川は計画停電が続く中で選挙戦が行われますが、震災の影響 が大きくでて
くるかもしれません。そんな状況で、選挙運動を自粛する動きも広がっています
が、こうした時こそ、本質的な地方自治論を行ってほしい ところです。



大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナル
国際通信社

国際ジャーナル・国際通信社・現代画報社 インターネット接続環境の整備がスタート

新聞に載っていた記事なのですが、東日本大震災の避難所で、インターネット接続
環境の整備が始まったそうです。新聞やラジオ、そしてテレビなどの情報網に加えて
日本全国の「情報ボランティア」が、被災者支援のための情報をネットで発信していて、
被災者発の情報とリンクすることで、よりきめこまやかな被災地支援が可能になると
いうことです。今後、行政などを交えての一層の整備拡大が求められるということ
です。
避難所にインターネットが接続できる環境があるのかどうか分からないのですが、
新聞やテレビなどの情報というのは本当に限られていると思います。まだまだ大変な
状況である避難場所もあるというのになかなか報道されていません。
インターネットを通じて、被災地のもっと詳しい現状を多くの人に知ってもらったり、
それに対しての情報も流せると大変便利なのではないでしょうか。


大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナル
国際通信社

ザ・ヒューマン・月刊誌 報道ニッポン 大阪府でヒブワクチンの接種が再開

大阪府は3月30日に一時的に見合わせていた小児用肺炎球菌ワクチンとヒブワクチンの
接種を4月1日から大阪府内で再開すると発表しました。同時接種した乳幼児の死亡が
府外で相次いで起こり見合わせていたものですが、厚生労働省の専門家会議が「安全性の
懸念はない」と判断したためだということです。大阪府は「基礎疾患のある子供への接種
は主治医とよく相談するように」と話しています。
私の知人に乳児を育てている人がいますが、再開されてもやはり心配なために接種は控える
という意見もよく聞きます。主治医と一度相談されてみてもいいかもしれませんね。
子供を病気から予防したいという親の気持ちも私は分かります。


国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
現代画報社
報道ニッポン

国際ジャーナル・月刊・報道ニッポン 赤プリが閉館

東京千代田区にある「グランドプリンスホテル赤坂」。「赤プリ」の愛称で
親しまれたホテルですが、3月31日に最後の宿泊客を送り出して55年の歴史に
幕を閉じました。午後0時半から閉館セレモニーが行われたそうです。
ホテルとしての営業は終えましたが、4月上旬から6月末まで、福島第一原発事故
で避難した住民を受け入れる場として活用されるそうです。
このホテルだけではなく百貨店などでも、歴史ある物が閉店などというニュースを
聞くとやはり寂しさを感じます。色々と事情はあるかと思うのですが、多くの人に
愛されてきたものがなくなるのですから、私よりも寂しさを感じている人は多い
ことでしょう。


21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際ジャーナル
現代画報

ザ・ヒューマン 地域が職の支援

東日本大震災で職を失った人は多いと思います。今まで頑張って仕事をしてきた人も
自然の力であっという間に無くなってしまうのですから恐ろしいものです。
職を失うなどした被災者を支援しようと、大阪府摂津市は3月30日に、来年4月1日
付の定期採用を6か月前倒しして10月1日に10人前後の正職員を採用すると発表
したのです。7月ごろに被災地に近い東北か関東地方で試験を行うということです。
地震、津波で命が助かった人は大勢います。ただ、今後の生活に不安を感じている人も
多いのではないでしょうか。今の生活を良くしていくのも大切かもしれませんが、
今後の生活の手助けとして様々な地域が様々な案を出しているようですね。
そのひとつが今回、新聞に載っていた大阪府摂津市の話でした。


国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナル
国際通信社

現代画報報道ニッポン国際ジャーナル 継続する円高と輸出産業の行方

円高の圧力はなお強く、輸出産業については今後の先行きは不透明です。工場を
海外移転せずに雇用を守るにはどうすればいいのでしょうか。経営者か らの意
見としては、賃上げの見送りは仕方がないかもしれません。しかしながら、守り
ばかりではデフレ克服や暮らしの底上げに展望は見えてきませ ん。働く人に
とっても、前向きになれる様な形が求められています。日本の内需をどのように
高めていくのか、そのためには雇用と給料の問題について も考えていくべきです。




国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際通信社
国際ジャーナル
フリーエリア
プロフィール

くりの木もみの木

Author:くりの木もみの木
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。