FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際ジャーナル|改正臓器移植法を考える

この程参議院本会議にて、15歳未満の臓器提供に道を開く
「改正臓器移植法(A案)」が可決・成立しました。
今まで臓器移植を受ければ助かる命も日本ではかなわず、
多額の費用をかけて海外に頼ってきました。
費用を工面できなければ、患者本人の終わりのない闘病の苦しみに加え、
助けられるはずなのに助けられないという苦悩と絶望を家族に与え続ける状況でした。

今回の改正臓器移植法の成立は、このような苦しみと戦う家族、関係者に
一筋の希望を与えるものだったと思います。
人の死の定義に関わる非常に難しい問題なので、
議員も世論も賛否分かれる議案であり、まだまだ議論の余地はあるかもしれませんが、
法が成立したからには議論は次の段階へ進むべきだと思います。

最も重要と思われるのは、小児救急医療体制の整備です。
十分な治療が尽くされなければ、もちろん臓器提供は成り立ちませんが、
現状では決して体制が充実しているとはいえないと思います。

法整備がなされた今、急速に対策を立てる必要があるのは小児救命救急システムの改善です。
現状では、同様の症状で治療を受けた子どもでも、
地域や体制により回復する子もいれば後遺症に苦しまなければならない子もいるなど、
大きな格差があるのが実態です。

法整備だけでなく、臓器を提供する側、される側の立場は違っても、
臓器移植が最良の選択だったと関係者が思えるような医療を整えることが急務だと考えます。


国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社

コメントの投稿

Secret

フリーエリア
プロフィール

くりの木もみの木

Author:くりの木もみの木
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。