FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際ジャーナル クリスマス

12月も後半に入ると、街はすっかりクリスマスムードだ。
“クリスマス”は何の日かと問うと、キリストの誕生日と答える人は多く、一般的にそういうことになっている。
しかし、クリスマス・イヴにやって来るとサンタクロースとは何者か、という質問に答えられる人は少ないのではないだろうか。

サンタクロースは簡単に言うと聖ニコラウスというキリスト教の聖人である。オランダ語発音の“シンタクラース”から現在の“サンタクロース”になったという。
靴下にプレゼントを入れる習慣もこの聖人が持つ伝説に由来するそうだ。
なぜ良い子にプレゼントをするのか、とか紅白の服とか、煙突からやって来る理由とか・・・諸々疑問はあれど、どうも昔から存在する様々な習慣や言い伝えがミックスされてこの伝説の人物の今の姿があるようだ。
クリスマスとの関係性も明確な理由は見あたらないが、もとの聖ニコラウスの祝日がクリスマス付近にあって、クリスマスとこの聖人の日を併せて祝う一部の人たちの習慣が徐々に広まったというのが通説である。

何はともあれクリスマスは1年における最大のハッピー・イベントだ。
イルミネーションに飾られた街を歩くのは楽しいし、オーナメントで飾られたツリーは見るだけでワクワクする。こんな時は、素直に浮かれて楽しむのが一番だ

国際ジャーナルで取材されました
opem-press | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)
報道ニッポンとの出会い
国際ジャーナル | 国際通信社 | 国際通信社グループ 報道ニッポン 現代画報
ニッポンの夜明け
報道ニッポンを発行する報道通信社の雑感
報道ニッポンを求めて
現代画報 メタボリック・シンドローム脱出方法 現代画報社

発行部数が3万部以上です。評判の雑誌による取材をうけませんか?

コメントの投稿

Secret

フリーエリア
プロフィール

くりの木もみの木

Author:くりの木もみの木
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。