FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際ジャーナルからの取材 クリスマスリース

クリスマスが近づいてきました。
わが家のマンションでも、1階のエントランスには大きなツリーが飾られています。
子どもの頃は、クリスマスといえば一大イベントで、
家族でツリーを飾ったり、
クリスマス用のアイスケーキをカタログで選んで注文したり、
プレゼントは何が欲しいかを姉妹で話し合ったり、
とても楽しかった思い出ばかり残っています。

先日、管理人さんがクリスマスリース作りキットを全戸に配っていました。
そういえば、最近よく見かけるようになりましたが子どもの頃には知らなかったクリスマスグッズです。
意味を調べてみたところ、クリスマスリースは永遠を意味する「環」で、これをドアに飾り、厄除けにするそうです。
リースには殺菌・抗菌作業の有る常緑樹を使用し、魔よけや豊作を願って玄関に飾るのが由来とのことです。
現在でも、実際リースに使用される樹木はモミの木やキリストの受難を表す柊などの魔よけ、宗教的意味合いが強いものと、
麦の穂、ブドウの蔓、松ぼっくり、りんごなど作物に関係するものが多く見られます。

クリスマスの飾り物としてなんとなく見慣れてしまったものでも、
ちゃんと意味を含んでいるんですね。
これから街でクリスマスリースを見る時は、それぞれどんな願いを込めて作られたものなのかを考えてみるのも楽しそうです。

報道通信社の取材
国際ジャーナルの取材記事を読んで 朝ごはんを考え直そう
見聞国際通信社
現代画報 | 現代画報社 | 現代画報の投稿サイト
現代画報の日々取材
国際ジャーナルと報道ニッポンと現代画報
国際ジャーナルとの出会い
経済情報誌 国際ジャーナル 2009年7月号のご案内

発行部数が3万部以上です。評判の雑誌による取材をうけませんか?

コメントの投稿

Secret

フリーエリア
プロフィール

くりの木もみの木

Author:くりの木もみの木
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。