FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社 同じ脳変化

先日の新聞に「ドキッ」とするようなニュースが取り上げられていました。

高カロリーの食べ物を際限なく食べ続けてしまう肥満の人の脳は、なんとコカインやヘイロン
の麻薬中毒感受と共通した変化が起きている可能性が高いということが、ラットの実験で裏づ
けられたというのです。
米スクリプス研究所の研究チームが3月29日、米科学誌の電子版に発表したということです。

この脳の変化とは、運動や意思決定などの機能を担う「線条体」の神経細胞で、神経伝達物質
のドーパミンを受け取るたんぱくつ質「D2受容体」の働きの低下なのだそうです。
満足感が足りなくなると考えられ、これまで長期的な肥満傾向がある人と麻薬中毒患者でそれ
ぞれ指摘されてきたそうです。私は、そのようなことは今まで知らなかったのですが・・・。

肥満の治療は食事の制限と運動が基本といわれていますが、ドーパミンD2受容体の働きを回復
させる効果的な治療法や新薬の開発が期待されているということです。

昨年から芸能人の麻薬による逮捕が続き、テレビや新聞でも大きく取り上げられていました。
そして、雑誌「現代画報」でも麻薬に関しての記事が載っていたように思います。
そのたびに言われていたのが「麻薬はいけないということをもっと理解すべきだ」というこ
とでした。もちろん、私も麻薬は絶対にいけないことだと思っています。が、日常の食生活で
は、カロリーをあまり気にせずに過ごしていました。高カロリーのものばかりを食べていると
は思いませんが、そのことが麻薬中毒の人と同じ脳の変化が起きているということに大変驚き
ました。自分の食生活を見直さなければなりません。みなさんの食生活はどうでしょうか。


国際ジャーナルに登場
国際通信社books | 国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナルの掲載企業 報道ニッポン掲載記事 国際ジャーナルの求人 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 国際通信社の国際ジャーナル 報道ニッポンは報道通信社から出版されています ソフトワークス、「報道ニッポン」に掲載!/株式会社ソフトワークス ... 国際ジャーナル 報道ニッポンの掲載企業 交流年 - 報道ニッポンの通信社 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 現代画報は現代画報社から出版されています wiki 現代画報のグラビア雑誌

コメントの投稿

Secret

フリーエリア
プロフィール

くりの木もみの木

Author:くりの木もみの木
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。