FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

報道通信社 第1回言語力検定

国際社会に通用する言語力の育成を目指して、昨年の10、11月に実施された、第1回「言語
力検定」を全国の98団体9984人が受験し、3552人が合格したことが3月26日にわかったそう
です。

この検定は、文章や図表から情報や論理を正確に読み取り、それを基に自分の意見を論理的
に発表できるかなどを、選択式と記述式で測定するものだそうです。今回は初めての実施と
なったわけですが、3・4級のみが実施されたのだそうです。レベルでいうと、中学・高校
レベルになるということです。

主催側のまとめによると、3級合格は2167人で正答率は76パーセント以上、そして4級は1385
人で正答率は68パーセント76パーセント未満だったということです。正答率は平均で63.1
パーセントで、項目別では「情報の取り出し」が84パーセント、「解釈」が71.1パーセント、
そして「熟考評価」は45.2パーセントだったということです。

そして主催側の分析では「全般的に情報などを読み取る力はあるが、自分の意見を論理的に
表現する力はあと一歩」としています。
この検定の受検は、学校や塾などの団体単位だそうです。第2回は今年9~10月、5・6級も加
えて実施されるそうです。レベルとしては小学3~6年レベルということです。
世の中には、多くの検定があり非常に驚きました。私がこの「言語力検定」を受検したら、
必ず合格はできないだろうと思いました。「論理的に」というのが、うまく発表できない
ような気がします。たとえ、小学生レベルであってもうまく言葉で表現できるだろうかと
思うと、大人になってからは人前で何かを発表するという機会が少なくなってしまったの
で、難しいかもしれない・・・というマイナス思考になってしまいました。


現代画報で読み解く
国際ジャーナルの取材記事を読んで 朝ごはんを考え直そう 現代画報は現代画報社から出版されています 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 国際ジャーナルの求人 報道通信社 掲載企業 放置自転車の撤去で・・・|飛躍!報道通信社の日記 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 国際ジャーナルに掲載 国際ジャーナルの掲載企業 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 国際ジャーナル 大山クリニック(葛飾区堀切)での葛飾FM取材 wiki 国際通信社の国際ジャーナル 現代画報のグラビア雑誌

コメントの投稿

Secret

フリーエリア
プロフィール

くりの木もみの木

Author:くりの木もみの木
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。