FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代画報 国際ジャーナル 二毛作の試み

新聞に載っていた記事なのですが、時間帯によって業態を変える飲食店が大阪市内で
増えてきているのだそうです。国際通信社からも「不況」に関する記事が様々な内容で
載っていたように思うのですが、この不況が長引く中、昼と夜で店舗を有効活用して
売り上げを伸ばそうとする「二毛作」の試みだといいます。

例えば野菜販売所が立ち飲み屋に変わったり、鉄道模型を走らせるカフェはスポーツバー
に変身したり・・・という状況だそうです。経営者は様々な考えを出して客の心を
ひきつけようとしています。

大阪の飲食店事情に詳しい全国飲食店振興協会の理事長は「慣例にとらわれない若い
世代の経営者が、店舗の稼働率を上げようと二毛作を試みる例がこの1~2年で多くなって
いる。ただ、昼と夜のいずれかで手抜きをすると、見る目の厳しい大阪人には店ごと
見放されてしまう。いかにサービスの質を維持できるかが、成功のカギを握るだろう」
と新聞取材で話していました。

企業だけではなく、店の経営者も毎日が大変な状況であるということです。
客に見放されてしまえばそこで終わりになってしまいますし、悪いうわさが流れて
しまえば終わりです。
今、「格安」を売りにしている飲食店が多々出ているように思います。
店の経営者は、果たしてどのような勝負をかけてくるのでしょうか。


「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
現代画報
報道通信社

コメントの投稿

Secret

フリーエリア
プロフィール

くりの木もみの木

Author:くりの木もみの木
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。